Macbook 12 (2016) で使えなくなったUSB-C関連機器

2016/4/20 突如、MacBook12(2016 Early)が発表されたので、早速、かごに投入しました。

今回購入したMacBook12(2016 Early)のスペックは、

ローズゴールド
1.3GHzデュアルコアIntel Core m7(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)
512GB PCIeベースオンボードフラッシュストレージ
バックライトキーボード (JIS) + 製品マニュアル(日本語)

全部入りのCTOモデルにしました。

MacBook12(2015 Early)を使っていたので、USB-C周辺機器を2016モデルで使おうとしたら、
使えなかったので、使えない周辺機器の情報を共有します。

・使えた機器
Apple純正 USB-C – USBアダプタ
Apple純正 USB-C Digital AV Multiportアダプタ
Apple純正 USB-C VGA Multiportアダプタ
HyperDrive USB Type-C 5-in-1 Hub
HDMI変換アダプタ USB 3.1 タイプC to HDMIアダプター
Aukey Type-C USB-C USB3.0 4ポートハブ(C8-C17)
USB Type-Cコネクタ搭載USBハブ(U3HC-AP412B)

・使えなかった機器
Power Delivery USB-C to USB 3.0AF (USB PD USB-C Hub, Black)(PDのみ利用不可)
KanaaN カナーン MacBook 12″用 USB-C マルチポート アダプター(PDのみ利用不可)
Leesentec®Macbook対応充電Type-cアダプタ 両面挿し Type-c変換コネクター(認識されない)
USB 3.1 Type C to VGA 変換アダプター(認識されない)

使えない理由は、わかっていませんが、使えるデバイスが一気に減ったので、2015 Earlyで動いていた実績があったとしても、
2016 Earlyでは使えないことがあるってことは知っていた方がいいと思います。

以上、ご参考までに

MacBook 12インチ向け USB-C マルチポートアダプタのレビュー

MacBook 12を購入してから、様々なUSB-C関連製品を買っては、試しを繰り返していますが、やっと、充電しながら、USBポートが利用できたり、画面出力ができるサードパーティの周辺機器が出てきた。

今回は、MacBook 12″用 USB-C マルチポート アダプターを購入してみました。純正のUSB-C VGA Multiportアダプタと比較してどうなのか?をレビューしてみます。

    大きさ

IMG_5091
純正の方がコンパクトで小さいです。ただし、価格は4分の1。

    認識状態

まずは、純正のアダプタは、USB2.0-HUBの配下に、VGAモジュールを認識している状態であることがわかります。
151211-0001
今回のアダプタの場合は、USBバスには無いみたいです。
151211-0002
この違いが、ディスプレイの認識の仕方に違いが出ている模様。

    ディスプレイ接続時

純正のアダプタの場合は、Apple USB type-C VGA アダプタ経由で出力できていることが確認できます。
151211-0005

一方、このアダプタの場合は、アナログVGA または DVI-I経由のアナログで出力されていることが確認できます。
151211-0006

    注意点

このアダプタを利用して、ディスプレイ出力したい場合は、VGAケーブル(ディスプレイ)とこのアダプタを接続した状態で、MacBookにUSB-C経由で繋がないと、ディスプレイ出力されません。純正ケーブルはいつでもいいように設計されています。

    電源

充電しながら、USBポートが使えたり、ディスプレイ出力できています。純正ACアダプタを接続した際も29W電源と認識されます。

以上、ご参考までに

USB Type-C対応HUB ( U3HC-AP412BWH ) を新型Macbookで使ってみる

新型Macbookを購入されたかたで、開発等で酷使される方は、USB-C関連周辺機器を色々と購入していると思われる。
新型Macbookには、USB-Cポートが一つしかなく、おそらく、USB-C対応のHUBが必要になる。
USB3.0/USB2.0ポートのついたHUBは、色々と出始めているが、USB-Cポートが付いた製品は、現時点では、U3HC-AP412BWHしかない状況である。

DSC_0747

USB-CコネクタのついたHUB以外の製品というと、外部ディスプレイに出力するための、USB-C Digital AV Multiportアダプタと、USB-C VGA Multiportアダプタです。
つなぐとどうなるのか?試してみた。

まずは、HUB単体で接続するとどのように認識されるのか?を見てみると

150625-0001

のように、USB2.0とUSB3.0のHUBとして認識された。
ここで、例えば、USB3.0対応のUSBメモリー(Sandisk Extreme)をつないで見ると

150625-0003

USB3.0 HUBの下に、Extremeが認識されます。

じゃあ、おまちかねの、USB-C Digital AV Multiportアダプタを接続してみると

150625-0006

USB2.0 HUBの下に、USB Type-C Digital AV Adapterが認識されていることが確認できますが、画面には出力されません。

HUB通さない場合はどうなるかというと!

150625-0007

のようになり、この時は当然、画面には出力されます。

OSX Yosemite (10.10.3)が、HUBを間にかますと出力されないようになっているのか?HUBが信号を流さないのか?わかりませんが、そういう状況です。

以上、USB Type-C対応HUB ( U3HC-AP412BWH ) の購入レポートでした。